· 

犬の《レプトスピラ症》について  犬のしつけ教室@アロハドギー

こんにちは。横浜市都筑区の犬のしつけ教室&犬の幼稚園@アロハドギーです。
11月(16,30)の火曜日は登園数が定員に達したためご予約受付ができませんのでご了承くださいませ。
11月21日(日)開催の【Dogscan】ですが、残席1となりました。
12月19日(日)開催の【Dogscan】ですが、残席1となりました。
11月14日(日)開催の【温玉施術会】ですが、開催中止となりました。
11月28日(日)開催の【チョークアートぷちレッスン】ですが、満席となりました。
12月5日(日)開催の【クリスマススワッグワークショップ】ですが、予約受付中です。
1月30日(日)開催の【はじめてのホメオパシー講座】ですが、残席5となりました。




先日(10月末頃)、保健所に届けられた報告で、ヒトと動物の共通感染症である《レプトスピラ症》に感染した犬が動物病院を受診して2日目に死亡したということがありました。
今月に入り、横浜市の動物病院でも飼い主様向けに発信する病院が増えてきたのでこのタイミングでお知らせさせていただきました。

《レプトスピラ症》は、スピロへーター科・レプトスピラ属の細菌によって引き起こされる人畜共通伝染病です。
犬だけでなく、牛、馬、豚、山羊、羊などの家畜をはじめ、ネズミやコウモリ、キツネなどの野生動物を含む多くの哺乳類に感染します。

菌の感染はレプトスピラ症に罹っている動物の尿中に排泄された病原体を直接あるいは間接的に取り込むことによって成立します。
つまり、尿で汚染された水や食物を摂取することで起こるということです。媒介の主役は都市部ではネズミだといわれています

感染した動物は急性の風邪の様な症状から、黄疸・出血・発熱・腎機能不全・肝機能不全を伴う症状を示します。
一方で感染してもほとんど症状を示すことなく、菌を排出し続ける場合もあります。
また、犬は他の動物種よりも、腎不全・肝不全になる場合が多いようです。

横浜市でこの病気を過度に恐がる必要はありませんが、しばらくは逗子周辺への外出を控え、5種混合ワクチンを打っている子は、レプトスピラ症の予防ワクチンが入っておりませんので、心配な方はレプトスピラ単体のワクチンを打ってもらう方法もあります。7種以上のワクチンを打っている方は必要ありません。

念のためのご連絡でした!

それでは本日の様子をご紹介!
今日は朝からの強雨で室内も暗く、何故か写真がぶれてしまってうまくとれませんでした。。。💦
すみません💦


▲レナちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲ティモシーくん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲承太郎くん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲るなちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲ジェムくん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲まる吉くん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲小太郎くん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲さくらちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲ころんちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲柚ちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲コロンくん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲リリちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲アンナちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲チェルシアちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲べべちゃん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生

▲マロンくん  photo:横浜市の犬のしつけ教室 詩宮先生



横浜のパピーパーティーはコチラ


本日の様子はコチラの【犬の写真館】からご覧いただけます。

【横浜犬のしつけ教室アロハドギー ブログカテゴリ】

犬の日記ALOHA塾犬の整体犬の健康

営業時間

営業日

火・木・金・土 9:45am-19:00pm

定休日 

日・月・水

※不定休につきお問合わせください

住所

〒224-0012

神奈川県横浜市都筑区牛久保3丁目3番8号セントラルアベニュー201
TEL/FAX 045-509-1164

【動物取扱番号】

保管:83-162 訓練:83-163

有効期限:H30/5/15~H35/5/14

動物取扱責任者:岡田寿子

Follow us